Sideway With Γ

オイル漏れ対策

先日の河津桜ツーリングの行程中の2ストオイルの減り方を見る限り、リッター1000kmはクリアできそうな感じだったのですが、しばらく日が経って、ガンマを見てみると、カバーがオイルでべとべとしてて、しかも、妙に少なくなっています。

つーことで、エンジンOHの際にガスケットだけ交換したのですが、オイルセンサーも交換してみることにします。

作業してくれたのは相川さんと木内さん。土曜日の夕方、そろそろ暗くなる時間帯ですが、いまお昼の時間らしいですががんばってくれました。そろそろ暖かくなる季節ですし、その土日となったらバイク屋さんは大忙しですね。

交換した、オイルレベルセンサ。なんか、配線の被覆が破けてますし、どうも、この配線の取出部あたりからオイルが滲んでるような気がします。これで納まってくれるといいのですが。オイルが漏れてると、カウルとかも汚れるし、ちょっと。

うっかり追加してしまってほとんど満タン状態だったのですが、器用にそのまま交換してくれました。

それから、シートカウルのビスが1本ないのを忘れてたのでそれも取り寄せ。

ここです。まあ、なくても走れるわけですが、大した部品じゃなし、きちんとつけておくに越したことはないと思います。ステーが錆び錆び(笑)。

あと、フロントのリザーバータンクのホースがブレーキフルードが滲むみたいなので交換することにします。フロントのマスターシリンダーはニッシン製になっているので、純正だとちょっと違うかもしれませんが、とりあえず純正流用です。ここは今井さんが作業してくれました。

あと、先日、ガンマを避難させたときに、スロープを上るのに失敗して腹を打ったせいかどうかはわからないのですが、左右のサイドカウルの合わせ目がずれてしまっていて、右サイドカウルは、ステーに隙間があって変なのでそれを見てもらいました。

そうしたら大変な作業になってしまったみたいで大変ご迷惑をおかけしました。

結局サブフレームのナットを打ち直して、カウルステーをつけ直して、こんな感じになりました。

右サイドカウルのツメが、左サイドカウルにはまらないくらい摩耗だか欠損だかしているようですが、カウル交換するような金はないのでこのまま続投で。

写真は作業後ですでにだいぶ良くなった状態です。

 

さて、お待ちかねのお小遣い帳だっ!!

商品
補修部品
消耗品 その他 備考(品番、価格はパーツカタログ1994-5 6版での価格)
これまで
618,526円
6,300円
945円
625,771円
スイッチアッシ、オイルレベル
2,200円
      37880-22D00 \1,950
スクリュ、6×16
100円
      09136-06062 \50
ホース、フロントリザーバタンク
750円
      59731-32C00 \660
ブレーキフルード
1,000円
       
上記技術作業料金
5,950円
      アンダーカウルステーナッターうちかえ含む 0.7H
F・Rタイヤエアー調整
サービス
       
消費税
500円
       
629,026円
6,300円
945円
636,271円

 

見送り事項

なし!(死)

走行距離 24,939km 全開解禁まであと 361km

[ミラー交換]へ

最終更新日: 2014年11月19日

[Γトップへ]

Sideway With Γ
Sideway With Γ
SS900.COM
SS900.COM

Copyrights © RGV250.JP 2005-2013 all rights reserved