Sideway With Γ

房総ツーリング(2007年3月24日)

先週に引き続き、今週もツーリングです。

2007シーズンの開幕となるツーリング。

SS900は相変わらずドック入りしたまま(というか1098Sをどうするか次第)なので、今回も出撃はガンマで。

つばさ「おぉ、ガンマ。密かにガンマファン(見た目判断)」

なぜに(笑)。青白のシマシマがいいのか、右二本だしチャンバーがいいのか。

つばさは直前にKTELのインコムを購入した模様。無線機はまだ購入していないので、今回の無線装備はトランシーバーで。

まっちい「21:47 帰宅〜。明日は6:20起き予定。」
つばさ「雨は勘弁してほしい。ので、早め早めのスケジュールでゆきたいものです・・。」
きりしま「1:44 そろそろ仕事を終えたので寝る。明日は…。6:30くらい起床かな。」

まっちい「6:30 起床、曇り空。めちゃ寒そう。予報は曇りなので、とりあえず千葉まで行く。準備中。」
きりしま「6:53 おお。まっちいが起きてる。千葉は曇り空だけど、ときおり陽が差すくらい。」
まっちい「7:00頃に出るぞ」

そね「6:50に起きた。まっちい起きてる。おかしい」
つばさ「52分の寝坊で5:52起床。激烈チャージでこれから家を出ます。8時少しすぎるかも。ごめんなさい。と言いつつも 7:50 マック到着(10分前到着一番のり)!」
きりしま「7:27 そろそろ出るかなあ。降水確率50%とか出てるんだけど」

8時チョイ過ぎに到着すると、そねの助と二人でCB400SSで何かやっています。

左のミラーステーにスイッチを共締めしているようです。車載工具はアゴが分厚くてやたら作業しにくいようです。

8:17 つばさがスイッチをバイクに取り付け終えて店内へ。まっちいはいません。

8:28 遅れてきた男まっちい到着。新しく購入したというシンテーゼ12は色はメタルでつばさとおそろ。

買ったという報告見たときは一番上の写真がレッドだったのでレッドだと思ってた。

つばさ「メタルかな」

そね「マクドナルドで朝マック。きりしまとまっちいとそねはグリドルを堪能!3種類のうち2個まで制覇。もういいかな?(笑)」

なんだかつばさが汗をかくくらい暑いと言っている。そりゃあ先週の雪が舞うよかよっぽど暖かいけど、汗はかかないぞ? さすが、大晦日〜元旦に銚子ツーリングを決行するツワモノだけのことはある。で、夏場の猛暑には弱いんだそうだ。オレは、暑いのは我慢するけど、寒いのは体調悪くなるからやだな〜。

8:47 トイレで寝てる人がいるらしいので、そろそろ出発。と思ったけど、ヤングボウルのトイレに行くことにして事なきを得た。早朝のヤングボウルは客いない。投げ放題(5Gまで)というのが謎。とはいえ5ゲームも投げたら腕がパンパンだからいいか。

そね「千葉外房道路を南下料金所がいっぱいあってETCに対応していないのでバイクにとってはちょっと面倒。」

千葉外房有利用道路を先行するまっちい。

そね「板倉ICで降りれず最後まで走る」

途中なぜか先に行ったまっちいが戻って来たのはそういう理由だったのか、と。なぜか、この道路、「出口」っていう文字の方が大きくて、何出口なのかが小さく書いてあるのです。ギリギリまでよらないと読めないです。

まっちいを追いかけてそねの助Uターン。

きりしまとつばさは県道21号を西に向かう。

ここで合流するだろう、という県道132号との交差点で待っていると、二人は結局後ろからきました(笑)。

Uターンして出発。左側が駐車場になっているので、ややバイクの取り回しが危なっかしいつばさも何とかなるかと。

 

県道128号に入り、南下。

県道14号、13号を横切って県道147号へ。

10:38 R409に合流して、再び県道147に別れる交差点で給油。

市野々から県道27号に入って、R297にぶつかったところのセブンイレブンで休憩。

ここでのそねの助はガンマに乗り換える。

県道172から風の村の先で南に折れて、R465に出て、県道177に入るのに失敗。(西畑付近。上総中野の脇で線路またぐはずが…)

そしてR465からもそれて、小谷松のあたりまで戻ってきてしまう。

仕方ないので、R297で南下して、県道82に入り、県道177との合流地点へ進む。

そのまま県道82でR128に出て、

船よしでメシ。

 

まだ、ツーリングシーズン真っ盛りじゃないので、ちょっと昼過ぎでもなんとかなりました。

とはいえ、その後も次々とやってきていたので、ギリギリセーフだったのかもしれません。

バイクの写真とったりなんかしている間に、まっちいは早速席を確保したようです。なぜか嬉しそうです。公約の金目鯛を目前にして興奮しているのでしょうか。

今日のメニューです。(拡大図あり)

金目鯛のセットに、「何と言っても今が旬」

などと書かれています。

これは食わねばなりません。まっちいが(大)に行かない、というヘタレなことを言ってるので、私が行きました。 

こちらがまっちいの頼んだ、金目鯛のセット(小)1,980円。

こちらが私の頼んだ、金目鯛のセット(大)2,650円。

刺身の枚数が3枚違うようです、が。

比べてみるとその差歴然。

大きな魚は大味、なんてことは心配するなかれ。別段スケール違いではないらしく、大のお刺身も煮魚も美味でした。単純に味で行けば、刺身は大、煮魚は小の方がこのときはおいしかったように思います。

とはいえ多すぎるのでみんなに手伝ってもらって完食。

そね「刺身盛り合わせは6〜7種類の刺身が3枚つづぐらい乗ってる。ボリューム感もあって美味い。ただしご飯はちょっと少ない。」

ご飯はおかわりできたんじゃないかな…。

あと、魚のあら煮と天ぷらが入り口脇に置いてあって、取り放題、食べ放題らしいのですが、あら煮はまだしも、天ぷらはちょっと食べるのに難儀して残してしまいました。せっかく取ってきたのに…。

そね「他のバイクのツーリングも来てた。黄色の薄いジャンパーがまぶしい。」

お茶をがぶがぶ飲んでマッタリした後(自分たちより後に来たバイクのグループが2グループとも先に出ていった後)、ようやく出発。

だんだん雲行きも怪しくなってきて、いつ降ってもおかしくない感じです。

潮騒市場でおみやげを物色。

とれたて新鮮今一番旬の魚です金目鯛一尾800円。さっき船よしで食べたのよりやや小ぶりの金目鯛が売ってました。

くじらのステーキはくじらのたれで焼かないとね!

などとバカなことを言いながら物色。なんだかみりんでしっとりした感じのエイヒレがあったのでゲット。あと、アジの浜焼きなんかもよさそうでした。

そして、安房鴨川から県道24、鴨川有料道路(150円)、房総スカイライン(200円)、県道92と来ます。

途中、パラパラと雨の気配。どこまで頑張るか、いっそカッパを着てしまうか…、途中でつばさ決断でカッパ着用。

まっちいはカッパ新品なのでおろしたくない、このまま行く、といっていたのですが、それをあざ笑うかのように雨脚が強くなり、まっちいもカッパ着用(笑)。

君津から館山自動車道。結構いい調子で降ってます。

木更津JCTでまっちいと分かれ、市原SAで休憩。

マクドナルドのコーヒーが100円でフードコーナーのコーヒーが260円じゃ、マクドナルドに行列ができるというものです。

ちょっと寒いので、フライドポテトも頼んで、しばらくだらだらしました。

まっちい「17:00 家到着。木更津JCTで分かれた後、暴風雨の橋の上を走って怖かった。」
つばさ「アクアラインっていつも横風強めなのかな。私もこの前怖かった。」
まっちい「風をモロに受けるってだけで風向きはその日次第と思う。でも2回に1回は横風が強い。川崎に上陸したら小雨になってて、川崎大師あたりで晴れた。カッパ乾いて良かった。約280km ちょっと物足りなかったけど、雨じゃしょうがない。早期帰宅の判断は○」

ゆっくり休憩して、給油して出発。

つばさは自分は乗れないけど、フルカウルのバイクはカッコイイと思う、というので、

「中免でもガンマ乗れるよ?」

と言ってまたがらせるが、やっぱりガンマは大柄な人のディメンションだなあ、と感じました。

まあ、もうちょっと慣れたらガンマも乗ってみるといいよ。コンディションが落ちてこないうちにね。

で、出発するなりいきなり渋滞。ずーっと渋滞。途中、渋滞を我慢しきれなかったのか、追突事故もありました。

つばさがすり抜けをしない、というので、のろのろ進んでると、ガンマが煙いと…。風向きによって右に寄ったり左に寄ったりしながら、トランシーバーで喋りながらのろのろと進みます。

そねの助と別れて、松が丘ICで降りて、つばさともここでお別れ。

この後いつもはR16で行くのですが、当然混んでるはずですので、もう1本外したところから帰ります。それでも結構混んでました。

そね「館山道の松が丘で分かれた後、京葉道路で幕張へ。劇混みなのでずっとすり抜け。春の千葉侮りが足し18:45帰り着きました。走行距離は217kmでした。」

18:57 バイクをしまって来た。すごい混んでた。

ということで、今シーズンのツーリング始め、つつがなく(?)終了しました。

まっちいのレポート: 2007年03月24日 : 房総ツーリング

[6ヶ月点検]へ

最終更新日: 2014年11月19日

[Γトップへ]

Sideway With Γ
Sideway With Γ
SS900.COM
SS900.COM

Copyrights © RGV250.JP 2005-2013 all rights reserved