Sideway With Γ

佐渡島ツーリング(2007年5月3日〜6日

[1日目にもどる]

2日目 佐渡島内周遊

5:30 トイレで起床。

6:30 風呂上がってきた。FOMAがバリ3なので、ケータイで遊んでます。ゴハンは7時から。ちなみにアンテナ本数はmovaが1〜2、softbankが圏外〜1、auは1〜3って感じ。佐渡はFOMA最強の地です。

敷島荘の館内の様子。

 

昨日、まっちいが完食したせいか、おひつのご飯がてんこ盛りです。これで3人前とは思えません…。

メニューはこんな感じ。メニュー的には特別変わったモノはなさそうですが、

この塩辛の量っ! ものすごいいっぱい入ってます。自家製らしく大変多いので、オイシイのですがもてあまします。あと、朝からお酒飲むにはいいかもしれません(ツーリングできなくなるけどっ)。

出発準備中。今回は、1泊目・2泊目とこの敷島荘に連泊することにしているので、今日は身軽にして走れます。

大佐渡スカイラインを走る。

 

白雲台。さびれてる。

 

うろうろしてたら観光バスが続々。この観光バスの人たちに佐渡金山で先行されたら大変そうなのでそそくさと出発。

ちなみに観光バスがやってきた道。大変そうだ。

 

こんな感じの道を下ります。

 

レプソルカラーのNSR。

佐渡金山突入。

つばさ「ってことはお土産は金塊だーっ!」

金塊に群がる人々。

10:49 佐渡金山終了。金山での労働の様子を再現した人形がなかなかシュールだ。

金色にきらめくおみやげコーナー。

金箔入りコーヒー。

金箔入りソフト。まっちいは笹団子を食べる。

道遊の割戸かな?

尖閣湾付近の姫津大橋。渡る(というか登る?)際は環境保全協力費200円を負担する。

登った。

水がきれいなのがよくわかります。

登ってる証拠(笑)。

観光船がちょうど通りかかりました。あとは地元の少年が釣りをしているだけで人気のないスポットでした(笑)。

 

イカを干してる。たしか、なんかの体験ができるらしかった。

尖閣湾。

本日は海中透視船は欠航。

まっちいがどうしても踊り子さんと撮りたいというので。

 

そねの助のカメラの威力を堪能下さい。

揚島遊園へ。

まっちい焼きイカとサザエのつぼ焼きのセットにトライ。

セット。

併設の水族館でなまこをいじる。つつくと硬くなる。

 

スゴイのは、ウニ。何ですかこの注意書き。(よく消毒したハリなどですぐに抜くと良い)って、そんなの準備してる人いないと思うんですけど。あいにく、ウニさんは不在だったので触れませんでしたが。

離島戦隊サドガシマン&ズルガシマン。ご当地ヒーローではダントツの人気ではないでしょうか。

林道大倉線にアタック。

なんだったか忘れた…。大ザレの滝、かな?

県道45号、佐渡一周線。

 

大野亀に到着。

そね「まずは大野亀に登る。結構高い」

暑いっ。フリースとか着て登るモンじゃないっ。まっちいは高いところ怖いらしい。

 

14:32 大野亀にて昼飯。イカソーメン定食、海鮮丼、カツカレー。ちょっと牛ステーキ定食食ってみたかったかも。(明日食うし)

そね「海鮮丼激ウマ。魚がプリプリです」

カツカレーはフツーでした。

そして最北端の弾崎灯台を見物して南下してくる。

道の駅芸能とトキの里

名物らしい「あのソフト」にトライ。「あそこのあのソフトおいしかったわね」ということから名付けられたそうだが。

見た目は至ってフツー。ミルク味のソフトクリーム。

広域農道佐渡線。

18:30 敷島荘に戻る。まずは風呂入ってから飯。

20:09 夕飯終了。

部屋で真稜(シンリョウ)の山廃純米大吟醸を飲む。なんか複雑な味で飲みにくい。すぐに寝そう。

くりはりゃ「明日は佐渡牛のレポートを待つ」

[3日目へ]

[ツーリング]

最終更新日: 2014年11月19日

[Γトップへ]

Sideway With Γ
Sideway With Γ
SS900.COM
SS900.COM

Copyrights © RGV250.JP 2005-2013 all rights reserved