Sideway With Γ

箱根に走りに行くかオフ2007(2007年6月3日)

今回はmixiのコミュニティ、「グリフォン」のツーリングです。

この「箱根に走りに行くかオフ」は、KERBEROSの掲示板で募集して開催した2004年から数えて4回目という、だんだん恒例になってきたオフです。

ということで、これまでのレポートへのリンクをまとめておきます。

第1回「箱根に走りに行くかオフ」2004年5月30日
第2回「箱根に走りに行くかオフ(2)」2005年7月31日
第3回「箱根ガンマオフ」2006年11月5日

当日は海老名SAに7時集合なのに、出発は8時。まあ、幹事が7時からいますよ、ってことと、ダラダラしゃべる時間が用意されている、というところです。

今回、直前に黒毛和牛太さんに連絡をしたら、海老名SAに取材に来てくれました。ので、個別写真を撮ってもらってます。

ジンさんのガンマを囲んでだらだらしゃべる一行。

写真を撮ってもらって戻ってくるときに、次々と中央の島に移動。再びだらだら。 

群馬から来るゆっこさんをお迎えして連れてきてくれたブンさん。相変わらずのコンビニに行くようなカッコで、2ストオイルの黒い染みがつくというのに白い袖だったりしています。もはや名物です。 

ガンマはメンテ中なので、ドゥカティ749Rで来ていただいたbladeさん。まだ200kmしか走っていないそうですので、バリバリ走りましょう。

結局9時前になってようやく出発。航続距離が短いのでここで給油していくガンマも多数。

厚木で降りて、小田原厚木道路に入ります。海老名SAを出てすぐなので、調子よく走ってると、通り過ぎてしまったりするのですが、今回はなにごともなく。

行儀よく整列して走行。

 

 

 

料金所を抜けてくるガンマを撮影してみる。今回は走行中写真のようなものは撮らなかったので…。

平塚のPAで待機して、通過するガンマの集団を張っててくれたるぅさん合流。平塚のPAに入ってもよかったのですが、入ったら入ったでまたマッタリしそうなので(笑)。

TOYO TIRES ターンパイクの入り口に到着。給水しながら再びダラダラ。ダムトラックスカフェは今日もお休みです。

そろそろミツさんとの約束の時間なので、TOYO TIRES ターンパイクを駆け上がります。IBAカードっていうのでクルマはキャッシュレス通過ができるのですが、バイクは現金払いです。ETCカードも使えません。(箱根新道は使えるんですけどね)

ブンさんの後にくっついて走ります。荷物がずり落ちそうなのを気にしてて、途中、縛り直すために止まったようです。

大観山の駐車場に到着。

ここで、ダラダラしてる間に、椿ラインにアタックする人はアタックします。今回は結構な人数が行きました。それぞれ各自のペースで楽しみます。

こんどCB750のお友達と湯河原に来る予定、とのことで、椿ラインを走るルイチャン。ワルそうなオヤジ的ルックスに反して、ジェントルで危なげない走りでした。

2往復している人もいるので、しとどの窟でダラダラ。ルイチャンのガンマに試乗させてもらいます。そして、大観山に戻ります。

大観山から、TOYO TIRES ターンパイク 十国線(100円)を経由して箱根峠へ。ええ、間違えました。箱根新道から来れば無料なのに。75号もさほど混んでなかったようなので、十国線使わなくてもいいはず…。で、箱根峠のSSで給油タイム。

紅一点ゆっこさん。発進時の引っ張り具合が勇ましいです。

ヨシムラさんと息子さん。

芦ノ湖スカイラインを抜けて、湖尻線経由で湖尻に出ます。湖尻線の料金所に、芦ノ湖スカイラインの本線の領収書を見せるとタダで通れます。

湖尻の「お食事処・釣り船 うえ乃」でお昼にします。

今回のターゲット、ワカサギフライです。今回はジンさんがご馳走してくださいました。ごちそうさまでした。

天ざる大盛り。

2階の座敷は、禁煙席だそうで、ケムリ大好きな人たちはそそくさと店外に(笑)。

昼飯時も過ぎて、うえ乃の駐車場もあんまり混雑していないのをいいことに並べて集合写真。

で、いちおうここで解散なのですが、とりあえず東名までは皆さん同じ方面なんで、白煙選手権ののち、湖尻線〜芦ノ湖スカイラインと来て、箱根峠のSSで再び給油タイム。

箱根新道からTOYO TIRES ターンパイクを下ります。ジンさんとヨシムラさんの息子さん、ヨシムラさん、masaさんで結構飛ばしてたみたいですが、ヨシムラさんの息子さんの倒しっぷり、つっこみっぷりが危なっかしかったそうです。私は一番後ろからだったのでよくわかりません。

平塚料金所にてブンさん。再び白い上着(笑)。

海老名SA。

東京料金所を抜けたところかな?

帰りがまたまだ先のあるゆっこさん、ここで先に出発です。

ぱううう。

みゃああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……

みゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……

一同談「さっきまでより引っ張るの抑えめにしてる? 気にしてるのかな?」 

あとは三々五々帰りました。

 

他の方のレポート。

ミツさん 「椿 その6」 (mixi)

きむらさん 「箱根オフ!」(mixi)

ジンさん 「箱根ガンマ・ミーティング」 (mixi)

ヨシムラさん「2007箱根に走りに行くかオフ6/3(Γ)

ゆっこさん「土日まとめ…月曜」 (mixi)

ブンさん「箱根オフ」(mixi)

試乗インプレ

ルイチャン VJ22A N型

椿ラインを軽く1往復。フロントにおごられた6ポッドキャリパーは、思ったより悪くないというかよいタッチだと思います。その代わり、強力なストッピングパワーに完全にフロントフォークが負けてる感じで、フロントフォークのオーバーホールをすると、大分よくなりそうです。エンジンはパワフル、ってほどでもないですが、滑らかにフケ上がるので及第点なんじゃないかと思います。 

[保険更新・ギヤオイル交換]

[ツーリング]

最終更新日: 2014年11月19日

[Γトップへ]

Sideway With Γ
Sideway With Γ
SS900.COM
SS900.COM

Copyrights © RGV250.JP 2005-2013 all rights reserved