Sideway With Γ

タンク交換

さて、ブレーキディスクも金色になり、成り金度がアップしたガンマですが、乗っている最中にどうも左のヒザがスースーすることに気がつきました。タンク自体は夏の日差しで暖かい位なのに、スースー。

……え?

どうやら、タンクにポチポチとあった錆のひとつからガソリンが漏れているではありませんか。

これがヒザを濡らして気化しているので、そりゃあ涼しいですね…。

というか、SS900のガソリン漏れもまだ解決していないのに、ガンマよ、お前もか!?

とりあえず「ぴゅー」とかガソリンが出てて情けないので、荷造り用のテープで応急処置をして、テクニカルガレージRUNへ。

まあ、見てもらいましたが、私も以前書いている通り、このタンクはボロイので異常が発生したら交換するしかないかなあ、と考えていたのですが、今井さんもタンクは交換しておいた方が、という意見でした。たしかに、ポチポチと錆があるし、塗装は純正っぽくないし、中覗いても、錆びたあとがあるようなタンクをわざわざ補修するのもどうかと思います。

案としては、

・現状のタンクを補修・コーティングして再塗装

・ヤフオクなどで中古のタンクを入手して再塗装

・新品無塗装のタンクを入手して塗装

でしょうか。とりあえず、新品無塗装のタンクを入手して再塗装する場合の見積もりを訊いてみます。タンクはパールが入ってて、SUZUKIの文字があるので、この辺価格に影響するみたいですが、約5万円そのこと。タンクが約6万円…。

ええと、新品で交換すると11万円ですか……(うわ安、とか思った←間違い※SS900のタンクは18万円でした)……。

ちょっと痛いので、検討しようかと考えていると、電話をしている今井さんの様子がちょっと変わってきて、どうやら、私のガンマのカラーの塗装済の新品タンクのストックらしいものがメーカーにあるかもしれない、とのこと。

そうすると、塗装代がいらない上に新品になるわけで、それ以上の案はない!

っていうことで、とりあえず現物を取り寄せて確認してもらうことに。

その間の対処としては、荷造りテープだとあっさり粘着部がガソリンに負けたので、金属パテを使用することにしました。

タンク交換を前提にしているので、どうです、このおおざっぱな補修(笑)!

どうなるか、乞うご期待(泣)!

果たして、日曜日の夜にタンク見に行ってきました。
今井さんが、
「色違ってたら返す!」
と強引に取り寄せてくれたみたいです。なんだか色番(3SH)の管理の問題か、L型用かどうか、ハッキリしないらしいのでした。(3SHはM型にもあって、それとはカラーリング違います)

スズキ純正パーツの段ボールから出してもらったタンクは、果たして、ドンピシャL型青白のものでした。VJ22Aのガンマは何かとL型だけ特殊なんで、結構L型のパーツは欠品少ないのかも?などと今井さんと根拠のない推測をしてしまいました。

はう〜。
新品のタンクはキレイですねえ〜。
夜だったので自然光の下ではないですが、
今のタンクの色とはある意味全然違いますね…。

交換するときは明るいウチに行って比較写真を撮らねば(笑)。

パールがふんだんにふってある感じで、別にこんなにムキになんなくてもいいんじゃって位キラキラしていて、塗装膜もずいぶん厚そうです。

まあ、閉店前にちょこっと顔をだしてチェックだけした感じなので、交換は改めて、ということにして引き上げます。1時間位もあれば、ということでした。その時についでにプラグも交換してもらおうっと。

交換はお盆明けてからになりそうです。

 

8月22日、解散の早いショートツーリングがありましたので、それから帰って来て、タンクの交換に行ってきました。作業は相川さん。

古いタンクは、シートとの固定部分もこんな感じに腐食しているので、グラグラしています。いずれダメになるだろうな、という気はしていました。ニーグリップとかしているとタンクの寿命が削れていくような……(笑)。

パーツ類の取り付けを受ける新タンク。フューエルコックとガスケットなどは新品で揃えました。

ついでに走行距離もそこそこ伸びてきたので、プラグを交換します。

奥に転がっているのが旧タンクです。錆びて穴の空いているタンクには用はありません、さようなら(笑)。RUNで処分してもらいます。

ということで、またひとつ新品パーツをまとったガンマです。

商品
補修部品
消耗品 その他 備考(品番、価格はパーツカタログ1994-5 6版での価格)
これまで
697,118円
17,745円
945円
715,808円
タンクアッシ
60,100円
60,100円
44100-22D20-3SH
コックASSY
3,600円
3,600円
44300-22D01
クッション×2
260円
260円
09320-10020
クッション×2
260円
260円
09320-14013
ボルト×2
140円
140円
09128-06057
クッションタンク×2
280円
280円
44545-20A00
G/Kタンク
60円
60円
09168-06026
スパークプラグ
1,460円
1,460円
NGK BR9ECM
工賃
5,100円
5,100円
0.6H
消費税
3,235円
73円
 
3,563円
 
サービス
▲23円
▲23円
 
770,130円
19,278円
945円
809,631円

さて、もうそろそろいじろうにもいじるところのなくなって来たガンマですが、このごろ多いのは、

「もうとっくに100万超えたんだろう?」

というご質問です。わかりますよ、私の手塩にかけつつあるガンマを買い受けるのに、100万円積むだけでは足りなくなってしまうのが心配なのでしょう。

そうですか。わかりました、ええ、もう包み隠さずお見せしましょう。

 

 

 

 

車両本体
 
初期整備費用
 
その後のメンテ・カスタム代
(エンジンOH費用+サスOH費用)
 
合計
152,250円
143,084円
770,130円
1,065,464円

 

 

いえーい……。

今回のタンク交換で、ついに100万円を突破しました。お小遣い帳でも明らかなように通常の使用範囲での消耗品は外して計算しています。

見送り事項

なし!

走行距離 26,500km(くらい)

[房総ツーリング]へ

最終更新日: 2014年11月19日

[Γトップへ]

Sideway With Γ
Sideway With Γ
SS900.COM
SS900.COM

Copyrights © RGV250.JP 2005-2013 all rights reserved